新着情報

  1. ホーム>
  2. 新着情報>
  3. 詳細

詳細ページ

前のページに戻る

新着情報

2020.01.17
商品のクオリティを高めるPP加工

2020-01-17-001.jpg

 

 

今回のnexTRYは、東京オリンピックというビッグイベントを控え、さらに札幌ではオリンピックマラソン競技などが開催される2020年新春を祝しまして、印刷物のクオリティを高める光沢PP加工を施して(Webでは確認いただけませんが・・・)お届けいたします。

 

PP加工を施した印刷物は身近に多くあります。雑誌や教科書、カタログ、パンフレットなど多岐にわたり使用されています。PP加工は極薄のポリプロピレンを紙に圧着させる加工です。紙全体がビニールで覆われたようになるため、質感が変わるだけでなく耐久性が著しく向上します。印刷物にとって擦れはインクがそぎ取られるため大敵ですが、PP加工はそれを防いでくれます。

PP加工の特徴は数多くありますが、その筆頭はその質感でしょう。光沢PPはツヤツヤした「光沢感」があります。光を反射するほどの光沢は紙素材にはない特徴です。

マットPP、ベルベットPPという素材は逆に光沢を押さえた質感で光を反射せず、しっとりとした手触りです。表面は微細な毛羽立ちのため、インク擦れは生じないものの引っかき傷の類には弱くなります。それでもその独特な非光沢の上品さは好まれます。

撥水性があるので飲食店のメニュー表の加工にも多く見られます。PP加工は折れや曲がりを防ぐ特徴があるため、折り加工をしたい場合はスジ入れ加工が必要です。

印刷物には製本をはじめ各種加工が欠かせません。ご利用用途により様々な商品をおすすめいたします。

まずは年のはじめにPP加工などはいかがでしょうか。

データ入稿窓口

ご意見・ご要望をお聞かせ下さい

  • プライバシーマーク
  • VEGETABLE OIL INK 当社はUVインクを除く全ての印刷にVEGETABLE OIL INK(植物油インキ)を使用しています。
  • 対応アプリケーション AdobeCS4対応(Illustrator/Photoshop/Acrobat/InDesign)、MicrosoftOffice(Excel/PowerPoint/Word)
  • nexTRYバックナンバー
  • 採用情報
  • nexTRY会社案内