新着情報

  1. ホーム>
  2. 技術情報>
  3. 印刷

詳細ページ

前のページに戻る

色校正の種類と特徴について

一口に色校正と言っても多くの種類があり、一般的に大きくは簡易校正と本紙校正に分ける事が出来ます。簡易校正は本番で印刷される紙ではなく専用紙に転写されるもので、デジコンや大型のインクジェットプリンターを利用したカラープルーフが主流です。デジコンは網点の再現ができるものの、カラーマッチングではインクジェットプルーフのほうが優れているため、インクジェットでのプルーフは多くなっています。
本紙校正は校正機による平台校正と本番の印刷機で印刷する本機校正があります。平台校正はその仕組み自体が本番の印刷機と異なりインクの濃度管理ができていないため、お客様が見た平台での色校正に本番の印刷機で近づけなくてはなりません。そのため実際出来上がったものの色味が違うトラブルも多く、ほとんどの印刷会社で色合わせに苦労しています。
厳密にいうと、印刷時の面付け、刷方向が同じであることや、印刷する機械までもが同じでなければなかなか色は一致してきません。また印刷時の機械の状態にも左右されます。
当社ではこのようなトラブルを防ぎ本番の印刷を効率よく進めるためにも、自社加工での本紙校正については100%本機で校正を行っています。

100118_prooflevel.jpg

データ入稿窓口

採用情報

ご意見・ご要望をお聞かせ下さい

  • プライバシーマーク
  • VEGETABLE OIL INK 当社はUVインクを除く全ての印刷にVEGETABLE OIL INK(植物油インキ)を使用しています。
  • 対応アプリケーション AdobeCS4対応(Illustrator/Photoshop/Acrobat/InDesign)、MicrosoftOffice(Excel/PowerPoint/Word)
  • nexTRYバックナンバー