エリアを絞り込んだ新しい無宛名郵便物で、効率の高い販促・PR効果を実現。
御社の強力な武器になります。
反応率が0.001〜0.03%程度の折り込みチラシに対し、エリア特性の分析に基づいた高い反応率を獲得することで、費用対効果に優れ、折込広告を補完することができます。
専用ソフトウエア上で、エリアごとの住民層の傾向を可視化。
必要となる数量だけを配布できます。
配布には顧客の住所を使わずに、町丁目単位によるピンポイントでエリア指定するだけです。
日本郵便のタウンプラス・タウンメール(配達地域指定ゆうメール・配達地域指定郵便物)は、町丁目単位で地域を指定し、全世帯へ低コストの郵便物を送付するサービスです。さらに有効活用するための統合的な販促手法が「新エリアマーケティング」です。
まず、クライアントが保有するアンケート情報や顧客リストより、現状分析をします。その結果をGIS(地理情報システム)によって地域に反映させます。
例えば、「駅から2キロ以内に20代の女性が多く居住している」という顧客分析をもとに、該当するエリアだけに郵便物を送付できるのです。地域を絞り込めば配布部数も確定できるので、印刷物のムダがありません。