新着情報

  1. ホーム>
  2. 新着情報>
  3. 詳細

詳細ページ

前のページに戻る

新着情報

2011.01.06
デジタルカメラの選び方

 

pre-1.jpg

 

コンパクトデジタルカメラのブームが落ち着き、最近では一眼レフタイプのデジタルカメラが人気です。プロ向けだった一眼レフタイプにもアマチュア向けからプロユースまで幅広い商品がラインアップされてきています。

今回はデジタルカメラを選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

高画素数 高画質という誤解

デジタルカメラのカタログ表記では画素数が重視されていますが、画素数が高いから高画質であるというのは実は間違いです。画素数よりも重要になるのは映像素子のサイズです。

デジタルカメラはレンズから光を取り入れ、映像素子に像を写し込み電気信号に変換して記録しています。この映像素子部分は銀塩カメラのフィルムに相当する重要な部分です。右の図は主な映像素子のサイズを5つに分けたものです。下の写真は実際の映像素子の写真です。

pre-2.jpg

主な映像素子のサイズ比較

pre-3.jpg  pre-4.jpg 

青色のサイズに該当する映像素子

黄色のサイズに該当する映像素子

左の映像素子は上図サイズ比較の青色サイズに該当するものです。右は黄色のサイズに該当します。仮にこれが同じ画素数の製品であるとするならば、右の映像素子が大きいものの方がより高画質で撮影できるということになります。

 

1200万画素のコンパクトデジタルカメラと、800万画素の一眼レフデジタルカメラを比べた際に圧倒的な品質差で800万画素の一眼レフデジタルカメラが勝るのは、こういった差があるためです。これを知ってしまうと購入の際にいろいろ悩んでしまいますね。

 

補足として、映像素子にはCCDやCMOSといったものがありそれぞれに一長一短がありますが、現在の製品ではあまり重視する必要は無いでしょう。

 

デジタルカメラの購入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

データ入稿窓口

採用情報

ご意見・ご要望をお聞かせ下さい

  • プライバシーマーク
  • VEGETABLE OIL INK 当社はUVインクを除く全ての印刷にVEGETABLE OIL INK(植物油インキ)を使用しています。
  • 対応アプリケーション AdobeCS4対応(Illustrator/Photoshop/Acrobat/InDesign)、MicrosoftOffice(Excel/PowerPoint/Word)
  • nexTRYバックナンバー