筆文字・ロゴタイプ

  1. ホーム>
  2. カリグラフ

筆文字・ロゴタイプ

当社ではタイトル・ポスター・パッケージ等のデザインを、経験豊富なプロの専門家が、筆文字・描き文字による提案をしています。

My Work

Calligraphy World
 いまからおよそ20数年前、営業時代にパチンコ屋さんの閉店チラシを受注した際、B4サイズ全面に平筆を使い、殴り書きで「閉店」の文字を描いたところ、お客様にえらく喜ばれました。それがきっかけで筆を持つようになり、以来いろいろな場面でデザインに「書き文字」を使用する機会が増えていきました。ポスター、冊子タイトル、パッケージ、ロゴタイプ等、気が付けば自分にとってカリグラフは、デザインをするうえで大きな武器となりました。
 デジタル全盛の中にあって「書き文字」は、アナログの代表でありデジタルとは相反するものですが、「書き文字」だけにしか表現出来ない力強さや、繊細さ、独創性は、どんなに技術が進歩したとしても普遍だと思っています。そしてこれからも様々なメディアで「カリグラフ」は必要とされ、注目される分野だと信じています。
 自分だけにしか表現出来ない存在感のあるオリジナルティーにあふれた作品をこれからも生み出していこうと思っています。
  • profile
    1960年旭川生まれ
    北海道東海大学卒業後、1985年(株)総北海入社。
    その後(株)ビックス、(株)フィックを経て現在に至る。
    1990年から始めた独学のカリグラフで、
    あらゆるジャンルに筆文字の可能性をアピールする。
    主な仕事に、筆まめパッケージロゴ(2004年)
    TBSテレビドラマ「涙そうそう」タイトルロゴ(2005年)
    KIRINキャンペーンロゴ(2005年)
    天皇杯サッカー題字(2009年) 他多数
    Jun Ueda
  • About Calligraph
  • Title
  • Poster
  • Package
  • Label
  • Grave marker
  • Another